原作「リアル鬼ごっこ」とは?

累計200万部突破の大ベストセラー!!
10代を熱狂させ続ける、中高生のバイブル!

2001年、文芸社から刊行された山田悠介のデビュー作。
時は30世紀。ある王国で、王様が前代未聞の通達を発した。「自分以外の者が<佐藤>を名乗ることを許さない。 王国にいる500万人の<佐藤>姓の人々を"鬼ごっこ方式"で抹殺する。」と......。かくして死のゲームの準備が整えられ、狂気に満ちた日々が始まった! 期間は7日間、夜11時から12時までの1時間を、主人公・佐藤翼は無事に逃げ切れるのか?そして、"死の鬼ごっこ"の途中で生き別れた妹を救うことはできるのか?
斬新でインパクトの強い設定は、発売以来10代の若者の心を掴み、時代を超えてなお彼らを熱狂させ続け、 作者の山田悠介は、2012年に全国学校図書館協議会などが実施した「学校読書調査」の中高生が選ぶ「一番好きな作家」で2位以下に大差をつけて断トツの1位、 中高生のカリスマ小説家になっている。
2008年には映画『リアル鬼ごっこ』が劇場公開され、公開当初の全国36館から最終的に100館以上に広がり、大ヒット作となった。 2010年には『リアル鬼ごっこ2』が、2012年には『リアル鬼ごっこ3』、『リアル鬼ごっこ4』、『リアル鬼ごっこ5』が三部作として公開された。 さらに2013年には「リアル鬼ごっこTHE ORIGIN」のタイトルで連続テレビドラマが放送されるなど、出版から10年以上が経った今も新たなメディアミックスが展開され続けている。